武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 櫻井 淳一さん

OB×OG特集

創作中華 楼蘭

櫻井 淳一さん

調理師科(1979年卒)

山形県立酒田商業高等学校出身


お客様の満足ために。生涯、挑戦を続けたい

さまざまな世代の生徒が集まる学校を選ぶべき

両親が中華料理店を経営していたので、料理が生活のすぐ身近にありましたから、料理人を目指すことを決めたのも、ごく自然な流れだったように思います。両親から習うことも考えましたが、基礎から技術や知識を学びたくて、優秀な人材を輩出することで有名だった武蔵野調理師専門学校に進学。出身地はもちろん、世代もさまざまな人が集まっていて、これまで知ることのなかった文化にたくさん触れさせてもらえました。食材ひとつとっても、地域によって呼び名や調理法、そして味付けが変わります。ともに学んだ仲間は、まさに生きるレシピブック。みんなであれこれ話し合うのが、毎日楽しくて仕方がありませんでしたね。あの恵まれた環境は、大きな学校ならではのメリットではないでしょうか。

変わらない味のために、進化を続ける

現在は山形県酒田市で「楼蘭」(居・食・酒)という創作中華の店を営んでいます。この仕事をやっていてよかったなと思うのは、お客様の人生の節目や、記念となるイベントに、自分の店を選んでいただけたとき。料理人冥利に尽きますね。よく「変わらない味だね」と言っていただけるのですが、人の味覚は慣れたり、変化したりするもの。「変わらない」と感じていただくには、じつは進化している必要があります。これからも進化を続けるために、料理への情熱を失わず、ジャンルを超えてどんどん挑戦していきたいです。新規顧客の獲得にとらわれず、いま店を愛してくださっているお客様の満足度を、もっともっと高めたいですね。

 

obog27_2

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ