武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 小島 幸洋さん

OB×OG特集

リストランテ・イタリアーノ ロ・スティヴァーレ

オーナーシェフ

小島 幸洋さん

武蔵野調理師専門学校 調理師科(1980年卒)・武蔵野栄養専門学校 栄養科(1982年卒)


イタリア フィレンツェで23年活躍〜

武蔵野調理師専門学校を卒業後、武蔵野栄養専門学校に入学。
調理師として、栄養士としての知識をふまえ、地中海料理のレストランなどに就職。26歳の時、単身イタリアフィレンツェへ。

 

リストランテ・イタリアーノ ロ・スティヴァーレ
http://www.lo-stivale-it.com
〒189-0022 東京都東村山市野口町3-5-9
TEL 042-394-2369
営業時間
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:30)
ディナー 18:00~21:00 (L.O.21:00)
バータイム 21:00~close
定休日(月曜日・第2火曜日)
 

DSC_7213

 

大学進学を考えていましたが、手に職を付けたいと考え専門学校に入学。
在学中は皆勤で修得しました。
 
地中海料理のお店に5年ほど勤務し、26歳でワーキングビザを取得し、イタリアフィレンツェへ。
1995年、現地イタリア人とお店を共同経営し、23年間現地にて順調にレストランを運営。
 
専門学校時代には料理の基本 (和食・洋食・中国料理) を学べたので、現場でも役に立ちました。
子供の頃からサラリーマンになるという考えはなかったですね。
商売人になるということは家庭環境からも自然なことでした。
 
お客さんに喜んでもらえることは、本当に嬉しいですね。
しかし経営的に安定するということは大変です。
 
海外での活躍を目標にしている人は、現在はイタリア国内も経済的にも厳しいので、その心構えでのぞんで欲しい。
料理の基本も大事だが、現地の言葉はある程度できないと難しい面もあります。
日本では学べないこともたくさんありますので頑張って欲しい
また海外希望であれば、大手ホテルなどに就職すると現地にも転勤などの可能性もあると思います。

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ