武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 金井 翼さん

OB×OG特集

シェ松尾 青山サロン

金井 翼さん

調理師科(2013年卒)

千葉県立松戸国際高等学校出身


なんでもポジティブにとらえ楽しくやること。それが成長の秘訣です。

両親が共働きなので、小さな頃から夕飯も教えられて自分がつくったり、母と一緒に簡単なリンゴの皮むきとかをやったりしていました。高校時代はサッカーをしていたのですが、自分の将来の道を考えた時に料理が良いなと思い調理師をめざすことに。部活引退後に地元のフレンチレストランでバイトを始め、フレンチの奥深さを知りフランス料理に興味を持ちました。 武蔵野に進学を決めたのは他校と比べてオープンキャンパスがすごく魅力的だったから。1人1台の調理台で料理体験ができるなど、どこか他校と違っていました。早く現場に出たかったので1年制の調理師科を選びましたが、武蔵野では講義や実習で有名なシェフが来て直接教えてもらうことができました。あとは、包丁の研ぎ方。最初1ケ月やらされて、1年しかないのに1カ月もって正直思ったけど、今はその大事さ、基礎の大切さがよくわかります。武蔵野に通いながらシェ松尾でアルバイトをしていましたが、卒業後もさらに学べることがここにはまだまだあると思えたのでそのままシェ松尾に就職しました。

 

武蔵野を卒業してから3年になります。自分で言うのもなんですが結構成長できていると思います。最初は分からないことや初めて触れるものも多かったのですが、やっていくうちにお客さまへ提供する責任を感じるようになりました。今はもっと知りたい、勉強したいという欲が出てきています。会長(松尾シェフ)はフランスでの経験もあり腕がすごく、憧れの存在です。今、自分はロティシエで肉を焼く担当をしていますが、会長の動きやソースのひき方、焼き方などを見逃さないように心がけています。また、今年はワーキングホリデーを利用してフランスに行きたいと思っているので、フランス語も勉強中です。自分の発想にはない新しいこと、フランスでしか学べないことを学んできたいです。フランスの星付きレストランで働いた経験のある職場の先輩が、今度はスイスへ行くらしいのですが、その行動力もすごいなと思って。自分も変えていきたい、さらなるレベルアップにチャレンジし、いつかは自分のレストランをもちたいと思っています。 料理の世界は厳しい世界だから強い意志は必要です。好きじゃないと辞めていく人が多いのも事実。でも本当に好きなら大丈夫。大変なことが多いけれど、それでもがんばって続けていると、食べたことない味に出会えることも。初めて食べた味って感動するし、働くうえで励みになります。大変に思えることでも、ネガティブな発想をやめてなんでもポジティブにとらえ楽しくやることが成長の秘訣だと感じています。

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ