武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 森井 誠さん

OB×OG特集

Dining ZEN (ダイニング善)

森井 誠さん

調理師科(1985年卒)

熊本県立玉名高等学校出身


24時間料理のことを考える。思考の量の差が、技術の差になるから。

「東京」の空気のなかで勉強する重要性

子どもの頃から魚釣りと料理が大好き。両親に料理を褒められたこともあり、興味は人一倍ありました。進路を考える段階で、大学もふと頭にはよぎりましたが、興味のない分野に進んでも意味はないだろうと、本格的に料理を学ぶ決心をしたんです。関西、福岡、東京、ほとんどの学校の資料を見ましたが、やっぱり東京、しかも一番大きい学校にしようと武蔵野調理師専門学校を選択。一流の講師が多く、ここなら“本物”を知ることができるとピンときました。授業や講師の質も高かったですが、東京という空気のなかで勉強ができたことも大きい。世界中の一流料理が集まる東京で暮らしたことは、後の人生にも関わる、重要な経験であったと思っています。

トータルプロデュースを理解してこそ料理が生きる

料理を仕事にして強く感じていることですが、調理師とは料理を作るだけが仕事ではない。トータルプロデュースを理解して初めて、料理とお客さんがつながるんです。ここがバッチリ決まると、それはそれは気持ちがいいです。ですから後輩の皆さまには、調理実習だけでなく、座学の内容もしっかり頭に叩き込んでほしいですね。あとメッセージとしてはぜひとも24時間、ずっと料理のことを考えて欲しい。つねにアンテナをはり、疑問を持ち、それを解決する、この積み重ねが、技術と勘を磨いていくのだと思います。私もまだまだ発展途上。4~5人ほどが入るカウンター中心のお店を作る夢があるので、そこへ向かって邁進していきます。

Q.日々、心がけていることを教えてください

本気になるコト、柔らかい頭を持つコト、人に感謝するコト、食材に感謝するコト

 

obog17_2

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ