武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 近藤 和之さん

OB×OG特集

Petit Paris(プチ パリ) 〜パンのある暮らし

近藤 和之さん

調理師科(1985年卒)

高知県立中村高等学校出身


武蔵野で学んだ一年間が人生を構築している。

学校で使用した包丁をいまでも大切に

高校卒業後、すぐに都内のレストランに就職したのですが、働くうちに技術を基本からしっかり学びたいと思うようになりました。そこで友人からパンフレットを見せてもらい、進学を決めたのが、武蔵野調理師専門学校です。武蔵野での授業はすべて印象深かったのですが、なかでも帝国ホテル第11代料理長の村上信夫ムッシュの講習は忘れられません。初めて勤務先のホテルでメニューを書くことになったとき、その講習で作ったサバのカプリースのレシピを参考にしたほどです。現在でも、在学中から使用していた包丁をいまでも大切につかっていますし、先生方から学んだレシピを活用することも。武蔵野での一年が、人生を構築しているといっても過言はないでしょう。

昨日の自分より良い仕事を

オーナーシェフとして「Petit Paris」を切り盛りしていますが、やりがいは働き始めた若い頃と変わらず、お客様からの「おいしかった」の言葉です。そのためだけに働いているようなものですよ(笑)。料理の世界は奥深いですから、理想に比べて、いまの自分では技術と経験が追い付かないと感じることもあります。そんなときは、いまの自分にできる“一番良いもの”を目指す。昨日の自分より少しでも良い仕事をしようとつねに考えています。「Petit Paris」はパンと菓子、フレンチ惣菜のお店ですが、今後はレストランやカフェに展開していく予定です。松山市を訪れた際は、ぜひ店に遊びに来てください。

Q.武蔵野調理師専門学校で学んで良かったこと

和・洋・中、そして製菓と総合的に学べたからこそいまの店をオープンさせることができました。感謝してもしきれません。

 
obog18_2

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ