学校法人 後藤学園 専門学校 武蔵野調理師専門学校 文部科学大臣認定 職業実践専門課程(該当全学科)

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › 卒業生特集 
  4. › 服部 訓史さん

卒業生特集

Trattoria Noce

オーナーシェフ

服部 訓史さん

高度調理経営科(2000年卒)

千葉県立津田沼高校出身


調理師の仕事をつらいと思ったことは、これまで一度もない

経験が知識を増やし、新たな自分を育ててくれる

学びを活かすかどうかは自分次第

酪農を営む家庭に生まれ、幼少のころからたくさんの食材に囲まれて育ちました。だから食に関わる仕事に就きたいと思ったのは、ある意味、当然の環境でした。中学時代にはもう調理師になりたいと考えていましたから。高校生のときにレストランでバイトしていたのですが、まわりの人に武蔵野調理師専門学校を進められて、卒業後に入学。武蔵野で学んだことはすべて力となっています。というよりも、せっかく学んだのだから、ムダにならないよう、自分で心がけたという方が正しいかもしれません。当たり前ですが、学校に入れば自動的にいい調理師になれるわけではない。学びを活かすかどうかは、その後の自分次第ではないでしょうか。

野菜や魚などの食材は地元、千葉県産にこだわって

武蔵野を卒業後、現赤坂TBSビズタワーの老舗イタリア料理店「グラナータ」の門を叩き、7年半務めました。その間、プライベートではイタリアを渡り歩き、本場の料理に触れ、感性を磨くようにもしていましたね。そして銀座、船橋、赤坂といくつかの店を経て、2016年6月に念願の「Trattoria Noce」をオープンさせました。お客様に安心して召し上がっていただけるよう、野菜や魚、肉は、出身地である千葉県産の“生産者の顔が見える”食材にこだわっています。仕事にやりがいを感じるのは、やはりお客様の反応を見たとき。自分の料理をおいしく、そして楽しく召し上がっていただくこと以上の幸せはないですね。

今後の目標

生涯、料理人であること。

 

th_DSC_9352

th_DSC_9300

th_DSC_9304

武蔵野調理師専門学校2021 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2022 募集要項デジタルパンフレットはこちら