武蔵野調理師専門学校
資料請求
体験入学
  1.  トップページ 
  2. › 学科のご紹介 
  3. › 調理師科(昼間部1年制) 

調理師科(昼間部1年制)

調理師科 (昼間部1年制)

技術はもちろん、栄養学や食品衛生学・ 公衆衛生学など、現場で必ず求められる知識を しっかりと養う講義も充実。

いち早く調理師として活躍したい人におすすめです。現場に出る前の基礎づくりにと、調理師をめざす多くの人から選ばれています。

調理師科(昼間部1年制)のポイント

それぞれのステージごとに基礎と応用を反復して学ぶ1年間。調理師として活躍するために必要な実践力を短期間で養います。

各分野をバランスよく学んだ基礎をもとに、西洋(フレンチ・イタリアン)、日本、中国、製菓・製パンから1つを専攻分野として学びます。

調理師の基礎を1年間で習得するため、応用的課程のグランドステージと高度課程のスキルアップステージを並行して効率的に学びます。

クリスマスや正月など季節に合わせた料理や製菓・製パンの技法も実践的に習得します。

取得資格など 調理師免許
目標資格 食育インストラクター
学科試験免除 専門調理師 ※技術考査合格者
調理技能士 ※実務経験が6年に短縮
学びのstep up

教育目標

調理師法の目的および基本理念を理解し、調理師として基本的な調理技術を習得し、専門分野における技術と知識をもって卒業します。

1年間の教育内容

調理師法に基づく人材育成を目標に幅広い知識・技術を身につけることに加え、「フードビジネス」や「サービス論」など、ホテルや飲食店をはじめとした就職先で役立つ実践的な知識を学ぶ科目も設けています。

● 調理師法に基づく「教育内容」と該当科目

食生活と健康
▶ 公衆衛生学
食品と栄養の特性
▶ 食品学 栄養学
食品の安全と特性
▶ 食品衛生学・食品衛生学実習
調理理論と食文化
▶ 調理理論 食文化概論
調理実習
▶ 調理実習
総合調理実習
▶ 次項「総合調理実習」をご覧ください。

総合調理実習

調理師の業務全体を把握し、現場で必要な衛生管理、献立・調理、食事環境、接遇等の能力を総合的に養います。

▶ 集団調理実習
医療機関や福祉施設などで調理師の活躍が求められる現在、集団給食の基本技術の習得、食品、栄養と健康の関わりを体験から理解するため、総合調理実習の一環として行っています。校内の食堂で700食を提供する経験を通して、集団給食の実務を身につけます。

▶ 専攻別総合調理実習
調理師科のスキルアップステージが調理業務をトータルに実践する[総合調理実習]です。これはフレンチ、イタリアン、日本料理、中国料理、製菓・製パンの5 分野から自分が専攻する1 つを選択し、より深い知識と技術を総合的に習得する科目。フレンチやイタリアンはフルコースメニュー、日本料理は会席料理と、コースごとにトータルな流れの中で各料理の文化を学びます。そして、これらの学びの集大成として「総合学園祭」にて卒業制作の展示や模擬店での販売を行います。

独自の開講科目

調理師科(昼間部)卒業生のほとんどが、ホテルやレストランなどに就職する現状から、店舗でのメニュー開発や店舗運営などについて学ぶ「フードビジネス」を開講しています。また調理師とサービス担当とがお互いを理解し、一体となって店舗運営に取り組む大切さをふまえ、調理師としてレストランサービス全般を学ぶ「サービス論」を設けています。

▶ フードビジネス

▶ サービス論

1週間の時間割例

■前期

限目 時間
1 9:00~
10:30
調理実習 食品衛生学1 調理理論1 調理理論3 集団調理実習
2 10:40~
12:10
公衆衛生学1 サービス論 食品衛生学3
3 13:15~
14:45
食品衛生学1 フード
ビジネス
調理実習 栄養学1 調理実習
4 14:55~
16:25
食品学1 食文化概論1 ホームルーム

■後期

限目 時間
1 9:00~
10:30
調理実習 食文化概論2 食品衛生学2 食品衛生学実習 調理実習
2 10:40~
12:10
調理理論4 公衆衛生学3 調理理論2
3 13:15~
14:45
食品衛生学4 食品学3 調理実習 専攻別総合
調理実習1
キャリア支援
4 14:55~
16:25
食品学2 栄養学2 専攻別総合
調理実習2
 
一番上へ