武蔵野調理師専門学校
資料請求
体験入学
  1.  トップページ 
  2. › 学科のご紹介 
  3. › 西洋料理 

西洋料理

フレンチ、イタリアンを中心にヨーロッパの国々の
代表的な料理を総合的に学びます。

本校では実務を経験する研修制度を多く設けています。授業や実習で勉強を重ねたら、ぜひ「仕事」としての調理に全身で触れ、より実戦的な力を育ててください。

基本実習

西洋料理の基本として、まず4種類のナイフの持ち方を使用したレギューム類(食材:野菜、魚、肉)のカットの仕方などを勉強します。基本的なシャトー剥き、包丁の持ち方、動かし方などを学び、いろいろな野菜で応用ができるようになります。魚のおろし方(3枚おろし)、丸鶏のさばき方などを習得するまで、一人ひとり丁寧に指導します。オムレツづくりでは、火の入れ方、フライパンの動かし方など基礎技術をしっかり習得します。

グランドステージ

仔牛や鶏からのフォン(だし汁)のとり方、基本や応用のソースのつくり方、卵料理、魚介料理や肉料理、パスタ料理、基本的なデザートなど、フレンチ、イタリアンを中心に西洋料理を総合的に学びます。

スキルアップステージ

専門的に特化した知識や技術をより深く学び、現在、一流ホテルで活躍している料理長、都内で も有名なオーナーシェフなど、特別講師から直接指導を受けて、自分自身のレベルアップを図っていきます。

フレンチ専攻

高級食材や、鴨や羊、鳩といった食材を、フレンチのさまざまな手法を駆使して調理。学内外の著名な講師の指導により、基本のソース、オリジナルのソースなどを使い分け、フルコースをつくりあげる実力まで高めていきます。

イタリアン専攻

オリーブオイル、ハーブ、バルサミコ酢、アンチョビ、生ハム、ポルチーニ茸といったイタリアならではの食材を使いこなし、ローマ、ミラノ、パルマ、ナポリなど各地方独自の料理を習得していきます。高度な調理技術とイタリアンスピリットを、著名な講師陣から学んでいきます。

西洋料理コース

フランス料理のコース、本格的なイタリア料理など、西洋料理をこなすプロの技術を身につけ、学内外の著名な講師から直接指導を受けます。

一番上へ