武蔵野調理師専門学校
資料請求
体験入学
  1.  トップページ 
  2. › 学科のご紹介 
  3. › 日本料理 

日本料理

誰もがおいしいと思う物を
美しい盛り付けで提供し喜んでもらう。
素材の旬や産地にこだわりベストの扱い方を求めていきます。

基本実習

日本料理では、まず包丁の持ち方、研ぎ方、切り方などを勉強します。基本である桂剥きと調味料の使い方や旨みの引き出し方を体で覚えて、はじめて応用の土台ができます。魚のおろし方(3枚おろし)、刺身の切り方、イカや赤貝の下処理なども習得しましょう。一尾の魚を、いかにきれいにおろし、最良の状態で次の作業に移れるかが大事なポイントとなります。

グランドステージ

生食・煮る・焼く・揚げる・蒸すの「五法」を習得し、旬の素材を、美しく、おいしく、手際よく完成させていきます。また、料理から和菓子まで幅広く習得することができます。

スキルアップステージ

グランドステージで学んだことを基礎に、日本料理のスペシャリストを招き、より高度な料理、 技術をマスターしていきます。

日本料理専攻

野菜を切り、魚をおろして、煮て、 焼いて、味をつけ、美しく盛りつけ る。旬や産地にこだわった素材を、 最良の状態で提供できるようになり ます。加えて、創作料理や器の演出 など、プロとして通用する柔軟さも 身につけます。懐石(会席)料理から寿司、天ぷら、 そば、郷土料理、婚礼料理、川魚 (すっぽん、うなぎ)、ふぐなどの日 本料理の専門分野のスペシャリスト を招き、専門性の高い授業を行います。

日本料理コース

会席、茶懐石、本膳など、総合的に和食を学び、より高度な料理、技術を習得します。人気のホテルや有名店の料理長を招いて、講義から実習、試食まで、行き届いた指導を受けられます。

一番上へ