武蔵野調理師専門学校
資料請求
体験入学
  1.  トップページ 
  2. › 入学のご案内 
  3. › 入学のご案内Q&A 

入学のご案内Q&A

入学試験

質問 入学資格を教えてください。
回答 本校のような厚生労働大臣の指定した調理師学校では、卒業と同時に調理師免許が取得できます。それに対して就職した場合は、2年以上の実務経験の後、国家試験を受けるため、調理師学校では授業で習う、衛生法規・栄養学・食品学・公衆衛生学・食品衛生学・調理理論などを独学で勉強しなければなりません。授業では、料理長クラスの講師(料理界の第一線で活躍する料理人)が基礎から指導し、日本料理、西洋料理、中国料理、製菓・製パンと幅広く学ぶことができるので選択肢も広がります。また、最近では、ホテル、レストランなどの募集に際して、調理師学校の卒業を条件にする傾向が見られるので、本格的なプロをめざす人にとっては、調理師学校で学ぶことが確実な道といえるようです。
質問 入学試験はどのような内容ですか。
回答 本校では、高等学校推薦、自己推薦、一般入試、キャリア入試、AO入試と出願方法がさまざまとなっております。AO以外は書類により総合的に選考します(但し、必要に応じて面接を行う場合があります)。なお、入学試験に関するくわしい情報は 「募集要項」をご覧ください。

進路について

質問 調理の経験があまりなくて、調理師になれるか不安です
回答 料理に興味があれば大丈夫!経験に関わらず、最初は誰もが「包丁の持ち方」など基礎から学びます。目標や目的をもってしっかり学べば、きっと立派な調理師になれると思います。体験入学では先生をはじめ在校生もしっかりサポートします!ぜひ一度ご参加ください!体験入学の日程はこちらをご覧ください。
質問 調理師学校に進むのと、直接ホテルや料理店などで見習いからはじめるのとでは、どちらが良いのでしょうか?
回答 本校のような厚生労働大臣の指定した調理師学校では、卒業と同時に調理師免許が取得できます。それに対して就職した場合は、2年以上の実務経験の後、国家試験を受けるため、調理師学校では授業で習う、衛生法規・栄養学・食品学・公衆衛生学・食品衛生学・調理理論などを独学で勉強しなければなりません。授業では、料理長クラスの講師(料理界の第一線で活躍する料理人)が基礎から指導し、日本料理、西洋料理、中国料理、製菓・製パンと幅広く学ぶことができるので選択肢も広がります。また、最近では、ホテル、レストランなどの募集に際して、調理師学校の卒業を条件にする傾向が見られるので、本格的なプロをめざす人にとっては、調理師学校で学ぶことが確実な道といえるようです。
質問 武蔵野調理師専門学校を選んだ理由はなんですか?
回答 就職実績ですね。一流ホテルやレストランなど名だたる名店が並ぶ武蔵野の就職実績は、やはり魅力的でした。後は通学に便利な池袋という所在地もうれしい。ほかには雰囲気の良さや明るい校風、施設の充実など、学校を直接見て決める人も多いようです。

経済的なこと

質問 アルバイトとの両立は可能ですか ?
回答 「勉強」の妨げにならない程度であれば可能です。また、学校よりアルバイト先の紹介を随時行っています。多数の学生ががんばっていますし、将来の仕事にきっと役に立つので、まずは先生たちに相談してみて。
質問 奨学金や教育ローンの制度にはどのようなものがありますか ?
回答 日本学生支援機構(旧日本育英会)、東京都育英資金の奨学金のほかに、以下各種の教育ローンが利用できます。日本政策金融公庫(国の教育ローン)/オリエントコーポレーション(本校提携ローン)/セディナ学費クレジット(本校提携ローン)くわしくはこちらをご覧ください。
質問 「教育訓練給付制度」は適応されるのでしょうか?
回答 調理師科昼間部で制度の適応が認められています。詳しくは、総務課(03-3982-6152)までお問い合わせください。
質問 学割・通学定期は使えますか?
回答 正規の認定を受けているので、各種交通機関の学割、通学定期が利用できます。通学はもちろん、帰省や旅行などにも大いに利用してください。

コース選びについて

質問 高度調理経営科と調理師科はどう違うのですか?/td>
回答 本校のような厚生労働大臣の指定した調理師学校では、卒業と同時に調理師免許が取得できます。それに対して就職した場合は、2年以上の実務経験の後、国家試験を受けるため、調理師学校では授業で習う、衛生法規・栄養学・食品学・公衆衛生学・食品衛生学・調理理論などを独学で勉強しなければなりません。授業では、料理長クラスの講師(料理界の第一線で活躍する料理人)が基礎から指導し、日本料理、西洋料理、中国料理、製菓・製パンと幅広く学ぶことができるので選択肢も広がります。また、最近では、ホテル、レストランなどの募集に際して、調理師学校の卒業を条件にする傾向が見られるので、本格的なプロをめざす人にとっては、調理師学校で学ぶことが確実な道といえるようです。
質問 入学試験はどのような内容ですか。
回答 高度調理経営科、調理師科どちらの科でも、卒業と同時に国家資格の調理師免許が取得できることは同じです。また、就職についても、どちらが有利ということはなく、心配いりません。そのうえで、どちらで学ぶか迷っている方は、それぞれのかの特徴を以下に説明しましたので、参考にしてください。1年生の調理師科では、1年を通して調理技術の基礎と調理師・パティシエとして必要最低限の知識を徹底的に学び、また6月からコースを選択して、並行して技術と知識の応用を取得し、早く現場に出て自分の力を発揮したいという方には、調理師科をお勧めします。2年制の高度調理経営科ででは、1年目に調理技術の基礎をしっかり学び、2年目には西洋料理コースと日本料理コースに分かれて、各料理のより専門的で高度な技術を取得します。また、将来、独立開業したいという方、大規模ホテルの総料理長を目指したいという方に、経営面で必要となる知識も勉強できるよう、カリキュラムが組まれています。つまり、1年制の調理師科とは調理技術の深さ、調理周辺の知識まで学べるという点が異なります。いずれにしても、調理師、パティシエとしての自分の目的をはっきりさせることが大切です。各コースに関するくわしい情報はこちらをご覧ください。
質問 コースによって、調理師免許に違いがありますか?
回答 調理師免許の国家資格という点では、4コースとも同じです。
質問 どのコースが就職に有利ですか?
回答 就職先の企業や採用担当者は、学科の違いで採用・不採用を決めるわけではなく、あくまで本人の能力や資質を見て判断します。初任給の金額に若干の差が出てくることもありますが、どのコースでも就職に有利・不利はありません。ただ、1年制のコースは2年制に比べて、就職活動の準備が短いので、早くから意識する必要があります。就職に関するくわしい情報はこちらをご覧ください。
質問 和食・洋食・中華のどの分野へ進もうか迷っています
回答 武蔵野は日本料理・西洋料理・中国料理のすべてが学べるカリキュラムが組まれています。ほかにも製菓やパンなど多彩なジャンルの料理を幅広く学ぶことができます。いろいろな経験を積むことで、興味のある分野や進むべき道はおのずと見えてくるはずですよ。
質問 入学後にコース変更はできますか?
回答 コース変更はできません。出願前に体験入学や学校見学を通じてしっかりとコース選択をしてください。各コースに関するくわしい情報はこちらをご覧ください。

その他

質問 お休みはどのくらいありますか?
回答 週休2日、祝日のほかに、夏休み、冬休みがあります。 夏休みにはリゾートホテルなどで調理やホテル業務を実際に経験するアルバイト研修があるのが本校の特色です。年間スケジュールはこちらをご覧ください。
質問 高校では食物科だったので、もう包丁セットを持っているのですが・・・
回答 入学後、最初の実習でその包丁セットを見て、これからの実習にも十分使えるものであれば、それを使うことになります。その場合は、入学前に収めていただいた教材費等から、包丁セット代金相当を返金するという形をとらせていただいています。
質問 自分は左利きなのですが、左利きの包丁セットはあるのですか?
回答 左利きの包丁セットはあります。合格後にその旨を入学係までご連絡ください。ただ、右利き用の包丁セットより若干高額(差額28,200円 平成27年度実績)になることはご了承ください。
質問 車・バイク・自転車などで通学できますか?
回答 安全面の問題と学校の駐車スペースがない等の理由から認めていません。公共の交通機関を利用してください。
質問 部活動のほかに何か活動はありますか?
回答 地域に根差した学校づくりをめざし、お料理教室やボランティアなどの地域貢献活動に取り組んでいます。この活動を通じて、自身の力で社会に貢献することの大切さを学び、社会奉仕の意欲を育てることは、調理の世界をめざすうえでも、きっと大きな財産になるはずです。
質問 給食はありますか?
回答 あります。調理師専門学校の給食だけあって、味が美味しいのはもちろん、栄養価もしっかり考えられています。さらにうれしいことにボリュームも満点。またみんなで楽しく食べる給食は、大切な憩いの時間でもあります。
一番上へ