武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 金田 俊之さん

OB×OG特集

株式会社ディリット

イルモンドピッコロ

金田 俊之さん

調理師科夜間部(1997年卒)

埼玉県立伊奈学園総合高等学校出身


Q.武蔵野調理師専門学校に進学を決めた理由・きっかけ

A.夜間部があったことですね。料理について右も左もわからない自分はまずしっかりとした基礎知識を身に付けたいと思いました。 和・洋・中・製菓がカリキュラムに組み込まれていたこと、なんとなく他の調理師専門学校より開かれたイメージがありました。

Q.学生時代最も印象に残っていること・役に立っていること

A.夜間部だったので様々な年代・目標を持った人と知り合えたことです。
自分はイタリア料理を志望していましたが、和食・中華・鰻屋さんなど実際に現場を経験している仲間との話は、とても参考になりました。

Q.仕事のやりがい、喜びを感じるとき

A.料理人ですので、「美味しかった」と言っていただけた時はもちろん嬉しいですが、帰り際に「今日は楽しかった」と笑顔で言って頂けた時はこの仕事をしていてよかったなと思います。
また様々な動機で来店されるお客様をトータルで満足させることができたと思える瞬間はやはり嬉しいですね。

Q.辛かったこと、苦労したこと、どう乗り越えてきたか、経験から得たことなど

A.たくさんありましたが就職したばかりの頃は、知識もバラバラでしたのでシェフや先輩の指示が理解しきれず、とんちんかんな事をしたり随分と怒られました。
辛い時は「自分の店を持ちたい」という思いがそれを乗り越える力をくれたと思います。

Q.今の仕事をしていくうえで、心掛けていること

A.お店をトータルで楽しんでいただきたいと思います。「美味しい料理を作ってればいい」というだけでは個人店ではなかなか成り立たないと思います。より良いサービスと料理が一緒になってお店の魅力が初めて出ると思います。そのためには料理や飲み物の知識はもちろん、お客様と対等に会話をこなす幅広い知識が必要だと思います。 新聞でもテレビでもいいですが、なるべく興味を持って接するよう心がけています。

Q.今後の目標、夢

A.今のお店をもっと魅力的にしたいです。自分はどちらかというとベーシックなイタリア料理が好きですので、もっともっと地元のお客様におもしろがって頂ける様な料理を目指したいと思います。

後輩へのメッセージ

料理人の道はやはり大変なことが多いと思います。自分の店を持ちたいなど将来の夢をしっかりと持つことと、比較的近い目標「鶏をおろせる様になりたい」「パスタ場の担当になりたい」を持つこと。近い目標が達成できた時は素直に喜べる人間になることが大切だと思います。 料理人は「これででいい」とゴールのようなものはありませんので常に新鮮で謙虚な気持ちで取り組んで頂きたいと思います。

現在は武蔵野の後輩がお店で勤務していて、とても楽しそうにお仕事していました。
金田さんの前向きで真面目な姿勢に感動しました。(PRESS)

 

obog30_2

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ