武蔵野調理師専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

調理師・パティシエの専門学校|武蔵野調理師専門学校

  1. トップページ 
  2. › 資格・就職・設備 
  3. › OB×OG特集 
  4. › 牧野 直哉さん

OB×OG特集

和み処 まきの

牧野 直哉さん

調理師科(1996年卒)

群馬県私立東京農業大学第二高等学校出身


武蔵野で身に付けておくべき「服装・礼儀作法・挨拶」

調理師専門学校は厳しさにこそ価値がある

子どもの頃から食べることが大好き。そんななかテレビ番組『TVチャンピオン』で武蔵野調理師専門学校の存在を知り、興味を持つようになりました。その後、パンフレットで調べたところ、理念も、設備も、カリキュラムもすべてがしっかりしていたため、入学を決意。実際は、パンフレットで感じた印象よりもずっと厳しい学校でした。しかし厳しい指導のおかげで身に付けた“服装・礼儀作法・挨拶”は、その後の調理師人生においてずっと役立っています。この3つは体に叩き込んでおいて損はないので、後輩のみなさんもぜひ積極的に取り組んでほしいですね。

料理と同様に、人を好きであれ

私の店「和み処まきの」は、場所が住宅街にあるため、いかに宣伝し、そしてリピーターを増やしていけるかがカギ。つねに新しい挑戦を忘れないよう心がけています。目指すのは、自宅にいるようにくつろげる店。幸いなことにたくさんの素敵なお客様に恵まれ、最近では常連さんの顔ぶれも増えてきました。お客様においしいねと言っていただけることがやりがいですが、同様に、いろいろな人との交流に充実感を持っています。私はとにかく人が好きなんですよ。この仕事は、料理はもちろん、人を好きであることも重要だと思います。

Q.今後の夢

A.「和み処まきの」をしっかりと地元に根付いた店にすること!

 

obog15_2

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ